MENU

「体脂肪率を減らす=痩せる」

一般的に、「痩せるには」ということについてのテーマで話題となると、「ダイエット」「体重を落とすこと」についてフォーカスしがちです。

 

少し前からはこの考えではなく体脂肪を少ない数値にすることが重要だという考えはすこしづる認知されてきたように思います。

 

「体脂肪率を減らす=痩せる」

 

そしてさらにいえば、「体脂肪率を減らす=痩せる=健康で楽しい暮らし」、痩せると自分はその後どうなるのか?ということにまで考えられていることがあまりないような気がします。

 

大事なのは、そもそも何故痩せようと思っているのかということ。

 

痩せたいということは、現在は痩せていないという状況。

 

痩せていないということはつまり、脂肪が多いとか、体型がすっきりしていないとか、そのように考えるのだと思いますが、これも何と比較してか?というところを理解していないとズレが生じてくることが考えられます。

 

つまり、平均値とか、一般的に(大多数的に)、健康であるとあれている数値より、脂肪が多いんだ。ということなんですね。

 

 

平均より脂肪が多い自分は不健康なので、幸せで楽しい暮らしを実現しにくい、体型もスッキリしていないために、世の中の美とされている基準にはまりにくいので、幸せになりにくい。

 

こういった事実が根底にあるのだと考えます。

 

なので、現状痩せていない人が「痩せる」ということは、健康になる、美しくなるということなのであり、よりよい暮らしを実現したいという欲求なのであるとかんがえます。

 

 

ダイエットとは、あくまでも、この向上的な思考によるものであることが望ましいのです。


よりよい暮らし、健康であるため、痩せる(ダイエットする)

まず、ダイエットダイエット、痩せる痩せる、体重を落とす、落としたい。

 

ということに気をとらわれずに、そもそもなんで痩せたいのかということを考えてみるのも面白いのです。

 

 

美しくなりたい、健康になりたいという目的(ゴール)なのですから、極端なことをいえば、もしかすると必ずしも痩せなくてもいいのかもしれないかもしれないのですね。

 

もう一度いいますがこれは極端な話です。

 

どういうことかというと、そもそも健康になりたいのに、3日で10kgの体重を落とそうとしたりすると、それは現在となっては色々な方面目にし耳にする認識でありますが、それは健康的な行為ではないということですよね。

 

健康になりたいなら、一ヶ月で1kg落とすのが良いなだとも言われますが、これは一見正しいようにも聞こえます。

 

実際にそんなに間違っていることでもないと思いますが、私の考えとしてはそれよりは、1ヶ月で〜%の体脂肪率を減らす(自分が目指す数値へ近づける)ということなのではないかと思います。

 

 

これらのことを理解したうえで、いわゆる「ダイエット」というものに取り組むのと、そうでないとのでは違いがあるでしょう。

基本は体を動かす

基本は体を動かすということです。

 

動物学的に考えると、日陰でイスにずっと座っている動物では本来の人間はそうでないのですね。

 

筋力を維持して、とにかく動くこと。

 

トレーニングや運動する、と考えずに、とにかく生活する、動く。こういった考えをもっていると意外と筋肉は使っているものです。

 

運動に関してはこちらのページ痩せる 運動

 

その次に食事内容を考える

体脂肪率はもちろん、体を作っているのは他ならない栄養なので、何を摂取するのかということは健康には深い関係があることは誰でも知っていることですよね。それだけ痩せる 食事というのは長年考えられて、そしてこれからも考えられていくトピックでしょう。

 

食事を体に染み込ませているような感覚で食事をすると、より、自分の体のために作っているんだと実感できるかもしれません。

 

 

その反面、人間は多様な食べ物を自分のにとって良いように利用することができるのではないかと思っています。

 

偏りのある食事をしてはもちろんいけないのですが、それでも健康な状態を維持しようと体はあれこれ工夫するという機能ももっているのですね。

参考元サイト

・痩せるサイト
http://xn--10kg-j93csd2a6t8230d.biz/