MENU

万年筆が売れている?

近頃、低価格の万年筆が飛ぶ鳥を落とす勢いで売れているそうです。

 

パイロットが発売した主にターゲットが若者向けの万年筆がいい感じに受け入れられているようで、1000円という価格も良い風に影響して複数本買われるパターンもあるようです。

 

私も気になってカクノという商品を買ってみたのですが、とにかく握りやすい構造になっています。最近のこういうピンポイントで突き詰めていく企業の技術力の高さにはほんと感心していしまいます。

 

万年筆って高級のだとどこをどう握ればいいのかわからないのですが、カクノは目印があるのでその心配もなく、インクが指につくこともありませんでした。

 

万年筆を使えるとちょっとかっこよく思えますし、普通にファッション感覚で需要が伸びることもあるかもしれません。

 

鉛筆からシャーペンに移っていったものが今度は万年筆にとって変わる日も近いのでしょうかね。

 

個人的にはそんなことが一般的になる日が来たら素敵だと思っています。